ニュース
News
ネイル空間にゆかりのある全ての皆様へ
ネイル空間にゆかりのある全ての皆様へ

平素よりお世話になります。
このようなメッセージは恐らく最初で最後になるかと思いますので、
どうか少しだけお付き合いいただけましたら幸いです。

皆様方におかれまして、
4月9日現時点では緊急事態宣言における理美容の利用制限について、
国と都で意見が割れており調整中との報道もある中、
今後のネイルサロンの営業についてどうしたらよいのか、お客様の立場としてサービスを受けてよいのかどうかなど、お悩みの方も少なからずいらっしゃるのではないかと思い、非力ながらわずかでも参考になればと思い文章を書かせていただきました。
ネイル空間を管理運営している立場の人間からの言葉であることを予めご了承ください。

まず、当店ネイル空間は、4/11〜5/6まで臨時休業を決定致しました。

この決定を出すまでにお恥ずかしながら二転三転してしまいました。
正直、自分ひとりではこの決定は出せなかったと思います。

臨時休業するということは、
その間ご利用いただいているネイリストの皆様とそのお客様に多大なご迷惑をお掛けしてしまう、
ネイリストの方の生活もかかっている、
ネイル空間の収支は確実に大赤字となり、事態終息も見えない、それがいつまで続くのだろうか。
事態終息後、平常通り営業再開するためにどうしたらよいのだろうか。などなど。

色々と考えを巡らせ、はじめは4/11以降も感染症対策を万全に平常通りの営業継続が、ネイリストの皆様の生命と生活を守り、それがネイル空間も守ることにつながる最善の方法と考えていました。

ですが、正直なところは休業したくても営業せざるを得ない、
根拠はなくネイル空間は大丈夫だ、このままなんとかやり過ごせる、
などと思っていたのかもしれません。

しかし、ずっと何かが引っかかっていました。
そして、ある方々と話しをして気付かされました。

今は、お金のこと、生活のこと、後先のことなどを考えている事態ではない。
一生に一度あるかないか、人類が日本が、得体の知れない化け物と戦っており、
未曾有の危機にさらされている。

自ずと答えが出ました。

ネイル空間に関わる全ての方の命を守ることだけを考えなければいけない。

後のことは事態を注視しながら国や都、当社関係者、ネイリストの皆様とお客様にご協力お力添えをいただきながら精一杯頑張ろうと決めました。

感染者数はこのままのペースで推移すると約1,000人に1人、合計約8万人以上になってしまうとの国の試算も出ております。
ネイル空間利用者の方とそのお客様だけでも月間来店数1,000名以上はおられますので、
私も含めてこの中から最低1名以上は感染してしまう試算が出ているわけです。

国民ひとりひとりが当事者意識を強く持ち、国民全員で最大限協力し辛抱し我慢し合えることができれば、 それほど遠くない時期にこの危機を乗り越えることができ、日本を守ることできると私は信じております。

皆様と皆様の大切な方の命に直結しているため、どうしても黙っていられませんでした。

こんな大変な時に、厚かましいことを申し上げているようでしたら本当にごめんなさい。

どうかご自分をお守りください。
それが大切な方を守ることにつながります。
日本を守ることにつながります。
陰ながら皆様の健康を心よりお祈りしております。

一刻も早い事態終息を願って!

2020年4月9日
ネイル空間事務局
ページのトップへ

申込